愛媛の健康住宅の家づくり ミヤホーム

愛媛県松山市 漆喰壁と無垢材フローリングの家づくり 木造新築・リフォーム

*

漆喰壁

   

ブログ作成:ミヤホーム社長

砥部の家で室内漆喰塗壁が始まりました。 漆喰は石灰岩を焼いて粉末にして割れにくいよう粘りを出す為にスサと水だけを練り込んで、左官職人が仕上げていきます。

漆喰は表面に無数の小さい穴のある多孔質の為、自然調湿作用があり湿度調整もしてくれます。 また漆喰は強アルカリ性ですからカビやダニなどの菌も死滅させてくれます。

カビ、ダニが生息できるPH値(ぺーハー)は1~11までといわれています。漆喰のPH値(ペーハー)は13と強いアルカリ性の為、カビ菌、ダニ等への抗菌作用でさわやかな室内環境となります。  高気密、高断熱にすればするほど自然素材仕様としなければ、健康な住まいどころか体に悪い室内環境になってしまいます。家は30年~50年となが~く住んで値打ちがでる一番高いお買い物です。 漆喰壁は勿論ですが、自然素材、耐震、高気密、高断熱これが当たり前の時代がもうそこまできています。

 

1800万の普通の家と2100万の低燃費の家との光熱費を比べてみます。1ヶ月1万位の光熱費の差額がでます。年間12万、10年で120万 30年で360万の差が出てきます。新築時の時1800万の家が30年経過した時、2160万の家となる計算です。

ということは30年以上住み続けるのなら最低でもHEAT20G1グレード(できればG2グレード推奨)の家を建てておいた方が間違いなく得するということです。 家の住宅ローンはいつか払い終わりますが光熱費は生きている限り生涯払い続けなければならないローンのようなものです。

ミヤホームでは健康快適に暮らせて省エネなHEAT20 GI~G2レベルの高性能な住まいを一生懸命ご提案させて頂いています。

写真は和室の壁にワラを混ぜて漆喰を塗った部分ですがいい感じに仕上がってきました。

完成が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 - 新築・リフォーム

  関連記事

足場解体

専務の宮田です。 東温市志津川のH様邸では先日外部足場の解体工事が完了し、全景が …

耐震面材

松山市森松町でO様邸の耐震面材施工が終わりました。健康住宅が基本で耐震+制震ダン …

完成内覧会

砥部町で11日と12日の二日間見学会をさせて頂きました。お蔭様で多数の方に見て頂 …

制震ダンパー施工

松山市某邸で制震ダンパー施工しています。耐震プラス制震まで全棟標準で施工していま …

地鎮祭を行いました

本日、久米窪田町でN様邸の地鎮祭を行いました。 地鎮祭は工事を始める前にその土地 …

S様ありがとうございました

遅くなりましたが、S様邸竣工の写真を一部ご紹介させてください 外観は、ご主人様が …

お客様点検

2年前にミヤホームで新築させて頂いた松前町のM様邸に行ってきました。 今でも新築 …

no image
セルロース断熱開始

松山市某邸でセルロース断熱工事が始まりました。セルロース断熱も全棟標準とさせて頂 …

今日大洲市で上棟しました。

今日大洲市でT様邸の上棟をさせて頂きました。上棟祭の時には工事の安全と、お施主様 …

躯体検査

東温市志津川のH様邸では昨日、躯体検査が行われました。 躯体検査は、あらかじめ瑕 …